英会話講師のメリットとデメリット【元英会話講師が本音で語る】

英会話講師のメリットとデメリットの導入

留学や海外経験を生かして英会話講師として働きたい!

英会話講師のメリットとデメリットが知りたいです。

本記事は、こんな疑問に答えるために書いていきます。

英語学習の経験や留学経験を活かして英会話講師として働きたい方も多いですよね。

英会話講師として働くことのメリットとデメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

今回は英会話講師として7年の勤務経験のある私が、英会話講師のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

結論から言ってしまえば、英会話講師の仕事は楽しいことだけではありませんしかし、英会話講師ならではのメリットもあります。

あくまでも私個人の意見となりますが、今回は英会話講師のメリットとデメリットについてまとめました。

5分くらいで読めますので、英会話講師になろうかと悩んでいる人は、最後まで読んで解決のヒントにお役立てください。

ソザオさん
英会話講師を目指す方はこれらの記事も要チェックです!

英会話講師になるには?元英会話講師が詳しく解説【これだけ読めば完璧】

英会話講師になるには?元英会話講師が詳しく解説【これだけ読めば完璧】

2019年3月19日

英会話講師に資格はいるの?必要な資格を徹底的に解説します【元英会話講師が紹介します】

英会話講師に資格はいるの?必要な資格を徹底的に解説します【元英会話講師が紹介します】

2019年3月28日

英会話講師に必要なスキル5!元英会話講師が詳しく解説します。

英会話講師に必要なスキル5!元英会話講師が詳しく解説します。

2019年3月31日

英会話講師のメリット5つ

英会話講師のメリットはこの5つです。

英会話講師のメリット
  1. ネイティブスピーカーとお金をもらいながら英会話

  2. 外国人と文化交流を楽しめる

  3. 生徒さんの英語力が上がると自分も嬉しい

  4. コミュニケーション力が上がる

  5. ライターの仕事に役立つ

では、一つ一つ詳しくご紹介します。

英会話講師のメリット①ネイティブスピーカーとお金をもらいながら英会話

英会話講師のメリット①ネイティブスピーカーとお金をもらいながら英会話

英会話講師のメリットはこれに尽きるのはではないでしょうか。

英会話講師になるには入社の時点で一定の英語力が必要ですが、ネイティブスピーカーと一緒に仕事をすると一気に英語力が上がっていきます。

私はネイティブスピーカーの講師とも、非ネイティブスピーカーの外国人講師とも一緒に仕事をしたことがありますが、その両方から良い刺激を受けました。

ネイティブスピーカーと話すことで覚えた英語表現は数知れません。

非ネイティブスピーカーの同僚の英語力に刺激を受け「もっと頑張って英語を勉強しよう」と思えたこともありました。

また、外国人と一緒に働くことで文化の違いを学んだことも。

例えば日本では、自分の仕事が終わったら人の仕事を手伝うのは当たり前ですが、外国人は定時になったら帰ります。

しかしそれは「日本人=親切」「外国人=親切じゃない」ではありません。

外国人にとって仕事を手伝うことは、時にその人の仕事を奪うこと。その人の仕事を奪うというのは、その人がお金を稼ぐ手段を奪うということです。

外国人が人の仕事を日本人よりも手伝わないのは、他人がお金を稼ぐ手段を尊重しているからだということも、外国人と一緒に仕事をすることで学んだことの一つです。

もちろん、日本人と外国人のどちらが正しいということではありませんが、私は外国人と一緒に仕事をすることで、英語だけでなく海外の文化も学ぶことができました。

英会話講師のメリット②外国人と文化交流を楽しめる

英会話講師のメリット②外国人と文化交流を楽しめる

英会話講師として働くと、外国人の友だちがたくさんできます。

私は、カナダ、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏の友だちだけでなく、フィリピン、中国、フランス、ロシアなどさまざまな国の友だちができました。

英会話講師として働いていると、外国人講師と接する機会も多くなりますので、文化交流を楽しみたい人には大きなメリットだと言えると思います。

アメリカ人の同僚が毎日ポテトチップスと大きなフランスパンを昼食にしていることに驚いたり、カナダ人の同僚が日本の文化を紹介するYouTuberをやっていたり、フィリピン人の同僚に大量の英語の料理本をもらったり(笑)

英会話講師として働いていた7年間。

英会話講師ならではの貴重な体験ができたと思っています。

英会話講師のメリット③生徒さんの英語力が上がると自分も嬉しい

英会話講師のメリット③生徒さんの英語力が上がると自分も嬉しい

生徒さんの英語力が上がった時は本当に嬉しいです。

この嬉しさが感じられるのも、英会話講師として働くメリットの一つではないでしょうか。

私は0歳の赤ちゃんから80代のおじいちゃんまで英語を教えたことがあります。

その中で、人間は年齢に関係なくコツコツと努力をすれば大きな成果を出すことができるのだということを学びました。

超初心者の小学生が半年間一生懸命勉強して

I can speak a little English, but I want to be better.

(英語が話せるけど、もっと上手に話したいです)

と英語で言ってくれた時の驚きは今でも鮮明に覚えています。

指導力と英語力は全く別物。

講師として努力を重ね、自分の指導力により生徒さんの英語力が上がっていく喜びは、英会話講師ならではの喜びだと思います。

英会話講師のメリット④コミュニケーション力が上がる

英会話講師のメリット④コミュニケーション力が上がる

これは英会話講師を辞めてから気づいた英会話講師のメリットです。

英会話講師は1週間に非常に多くの生徒さんと接します。

私は7年間で3社の英会話スクールを経験しましたが、平均すると1日に10人〜30人ぐらいの生徒さんに教えていました。

無料体験レッスンなどが入ると、その人数はさらに多くなり、週に50人〜150人の生徒さんに接することも。

とにかく毎日多くの方と接しますので、雑談が上手くなります。

「急に寒くなって何を着たら良いのか迷いますよね〜」

「どの業界も年末で仕事が忙しくて大変ですよね〜」

「向かいにできたレストラン美味しいみたいですね。私も今日お昼に行ってきちゃいました!」

など、どんな年代の人とも感じよく楽しく雑談ができるスキルが養われました。

英会話講師は、講師として多くの生徒さんと接しますので、人と上手に良い感じの距離を保ちながらコミュニケーションを取る方法が養われると思います。

英会話講師のメリット⑤ライターの仕事に役立つ

英会話講師のメリット⑤ライターの仕事に役立つ

最後は私が個人的に感じているメリット。

英会話講師としての経験は、ライターとしての経験に大いに役立っています。

英会話講師としての学習法の知識を活かして多くの記事を執筆させていただきましたし、外国人とのエピソードなどの記事もたくさん書かせていただきました。

私の場合はライターでしたが、英会話講師としての経験はいろいろなことに活かせると思います。

英会話講師のデメリット2つ

英会話講師としてのメリットがある一方で、デメリットもあります。

私が感じた英会話講師のデメリットはこちらの2つです。

英会話講師のデメリット
  1. クレーマー対応で疲弊する

  2. 外国人講師との相性が働きやすさに影響を与える

あくまでも私が個人的に感じたデメリットですが、以下詳しくご紹介していきます。

英会話講師のデメリット①クレーム対応で疲弊する

英会話講師のデメリット①クレーム対応で疲弊する

英会話講師として働いていると、クレーム対応をしなければいけないこともあります。

一般的に外国人講師はクレーム対応をしないことが多く、外国人講師に対するクレームであっても日本人講師が対応することがほとんど。

もちろん、講師側に非がある場合もありますが、時にはそうでないこともあります。

外国人講師にはなかなかクレームは言いづらいが、日本人講師になるとものすごい勢いでクレームをぶつける・・・人もいます。

たまたまクレームが続いてしまった時期は、精神的に疲弊しました。

クレーム対応をしなければいけないのは、英会話講師のデメリットだと言えるでしょう。

英会話講師のデメリット②外国人講師との相性が働きやすさに影響を与える

英会話講師のデメリット②外国人講師との相性が働きやすさに影響を与える

「外国人講師」と言っても100%良い人という訳ではありません。

また、人間同士なのでどうしても相性の良し悪しがあります。

相性の悪い外国人講師と一緒に働かなければいけないのも、英会話講師のデメリットだと言えるでしょう。

もちろん日本人同士でも相性の悪い人はいますが、外国人講師の場合、コミュニケーションが英語なので関係を築くのが難しいことも。

英会話講師として働いていると、相性の悪い外国人講師と一緒に仕事をしなければいけないこともあります。

メリット<デメリット?英会話講師ってストレス多そう・・・

メリット<デメリット?英会話講師ってストレス多そう・・・

これまで英会話講師のメリットとデメリットをご紹介してきました。

読んでいる方の中には「英会話講師ってストレス多そうだな〜」と感じた方もいるかもしれません。

しかし、結論から言うと私は英会話講師として働いて良かったと思っています。

理由は、英会話講師として働くことで貴重な経験をしながら英語力を高めることができたから。

もちろんストレスがなかったと言えば嘘になります。「仕事に行きたくないな」と思うこともありました。

外国人と上手く意思疎通ができず、気まずい空気の中で仕事をしなければいけないこともありました。

でも今思うと、どんなことも良い思い出です。

私は嫌なことよりも楽しかったことの方がはるかに多かったと思います。

英会話講師になろうかと考えてる方も、もちろん楽しいことばかりではないかと思いますが、必ず英会話講師として良い経験ができるはずです。

英会話講師には正直デメリットもある。でも「ならでは」のメリットも

英会話講師には正直デメリットもある。でも「ならでは」のメリットも

今回は、英会話講師のメリットとデメリットについてご紹介しました。

まとめると英会話講師のメリットとデメリットはこちらです。

英会話講師のメリット
  1. ネイティブスピーカーとお金をもらいながら英会話

  2. 外国人と文化交流を楽しめる

  3. 生徒さんの英語力が上がると自分も嬉しい

  4. コミュニケーション力が上がる

  5. ライターの仕事に役立つ

英会話講師のデメリット
  1. クレーマー対応で疲弊する

  2. 外国人講師との相性が働きやすさに影響を与える

英会話講師にはデメリットもありますが、外国人と一緒に働くという非常に貴重な経験もできます。

あくまでも私の個人的な体験を紹介したものになりますが、英会話講師になろうかと考えている方の参考になれば幸いです。

ソザオくん
英会話講師になるために、英語力を上げたい方はこちらの記事も読んでください!

現役英会話講師が教える英語初心者がやるべき勉強法5つ

現役英会話講師が教える英語初心者がやるべき勉強法5つ

2019年2月12日

これを知ってたら上級者!?ネイティブが使うスラング30選!PART1

これを知ってたら上級者!?ネイティブが使うスラング30選!PART1

2019年1月12日

これを知ってたら上級者!?ネイティブが使うスラング30選!PART2

これを知ってたら上級者!?ネイティブが使うスラング30選!PART2

2019年4月23日